やっぱりスーパーマリオから始まっている

ゲームと言えばやっぱりスーパーマリオじゃないでしょうか?ファミコン時代を築き上げた髭のおじさんは今も多彩なゲームの顔として活躍を続けています。

弟のルイージは少し目立たない印象ですが、シリーズが進んでいくに連れて、マリオより背が高いとか特徴が出てきましたが、やっぱり主役の兄のマリオには敵わない印象が強いですよね。それどころか、最近は悪役のワリオの台頭もあってさらに存在感が薄れてきたイメージがあるのは筆者だけではないでしょう。

スマホゲームにもちょこちょこ出てきているようなイメージですが、逆にグラフィックスに力を注いでいるような印象が無いため、海外の大作ゲームが豊富な据え置き機では元気がないのが最近のマリオです。

もともと、任天堂はハードスペックに力を入れるわけではなく、少し自己満足的な芸術家きどりがあったため、消費者に受け入れられにくいところがあります。それが消費者のニーズにマッチしていた任天堂Wiiはヒットしましたが、あくまでもそれは消費者が求めていたからなのであって、開発者のエゴというかコダワリが効いたためではありません。そこを履き違えてしまって続く据え置き機では鳴かず飛ばずの悲しい現実に直面したといえるでしょう。

また、任天堂のだめなところがゲーム機の名前の付け方です。ファミコンがスーパファミコンはいいんですよ。ニンテンドー64もいいでしょう。ただし、任天堂Wiiともうひとつのあえて書きませんが、同じような印象を抱く後継作品がありましたよね?あれって誰もが同じものだと勘違いしても仕方ないと思うんですよ。そんなことにも気づかないほど消費者のことを無視というか軽視してしまった任天堂の未来はこのままでは危ういのではないでしょうか。

マリオという世に生まれたスーパースターがこれ以上、人気が陰らないように厳しいことを言わせていただきましたが、ファンの声にはしっかりと耳を傾けていただきたいと願って止みません。


今までやってきたコンピューターゲーム

ファミコンのディスクが一番最初にやったゲームだったかなぁ。
この頃の記憶はあんまりないけど、ディスクのファミコンをやった記憶はある。
その後に発売したファミコンカセットからはよく覚えてる。
あの白と赤の本体にコントローラー。
2コンにはマイクがついている今で考えれば超斬新なシステム(笑)
ドラクエなんかのRPGをやっていても、本体に掛かる少しの衝撃でバグってしまう。
ゲームのデータが吹っ飛んだことも数えきれないくらいにあったなぁ。
その後にハマったのはゲームボーイ。
携帯型のゲーム機は初めてで、どこに行くにも持ち歩いてた。
今考えるとカラーでもないし、スマホの1.5倍くらいの大きさもあるし、でもあの頃の子ども達にとってはゲームボーイが最先端の携帯ゲームだった。
カセットも豊富で、いわゆるクソゲーも多かったけど今やっても面白いゲームも多かった。
特にヒットしたのがパズルゲームのテトリスで、大人から子どもまでやっていたゲームだ。
その後に発売したのがスーパーファミコン。
これはファミコンやゲームボーイとはレベルの違うグラフィックとサウンドで、どのお店も品切れ状態だった。
ドラクエシリーズなんかは、発売日には徹夜組が出るほどの人気で当時は大ブームだった。
今は徹夜で並んで買うゲームなんて聞いたことがないし、当時の熱狂的なファンの多さがよくわかる。
その次は今でも知られているプレイステーション。
ディスクやカセットではないCDタイプのソフトで、これはもう日本だけではなく世界的に大ヒットしたゲーム機だろう。
その後もプレイステーションは進化を続けて、今はもう4作目に突入している。
ニンテンドーDSがニンテンドー3DSになって今ではカメラまでついているし、wiiなんかも画期的なゲームだった。
今ではスマホのゲームをやってる人も多い。
他にもメガドライブやPCエンジンなんてゲームもあったし他にも書ききれないゲームはまだたくさんある。
たぶん思い出せない中にも、聞けば「あーそうだ!」ってなるゲームがいっぱいあると思う。
最近のゲームに飽きてる人は、ちょっと遡ってレトロなゲームをやると、新しい感動があるかもしれないね。
ちょっと懐かしいゲームの話でした。


戦略性の高い「爆走!モンスターダッシュ」にハマった!

最近mobcastからリリースされたスマホゲーム・爆走!モンスターダッシュが、子供向けの作りと思いきや大人でも十分に楽しめる、というかハマってしまうゲームシステムでやり込んでいます。
基本的な内容はその名の通り、モンスターがレースをするというものなのですが、単純なように見えて戦略を練る事で有利にレースを進める事が出来て、また戦略を立てないとなかなかクリア出来ない場面にも出くわす、思った以上の難易度となっていました。
レースをするステージには様々な地形が用意されているのですが、この地形に合わせてモンスターを選ばないと勝利するだけのスピードを発揮する事が出来ません。
さらに、モンスターにはそれぞれ固有スキルがあり、これを駆使する事でスピードアップをしたり、またはレース中に相手モンスターに攻撃する事が出来ます。
最初はこの辺りをあまり意識せずにとりあえずプレイしてみたのですが、なかなか勝てなかった事で火がつきました。
よくよく攻略法を調べてみると、モンスターを交代させたりスキルによってスピードアップを行うタイミングが大事なようで、このタイミングがズレると効果が下がり、最高のタイミングである「パーフェクト」が表示されると一気に加速して相手モンスターに差をつける事が出来るようです。
とはいえ、これもなかなか難しく、慣れるまで少し時間が掛かりました。
ガチャによって性能の高いモンスターを手に入れたりもしたのですが、モンスターの性能だけが上がってもプレイヤースキルが無いとレベルの高い相手には勝つ事が出来ません。
グラフィックやキャラクターデザインからは高い難易度が本当に想像出来なかったのですが、ほどよい単純さとプレイヤースキルを要求されるゲームバランスは多くのスマホゲーマーの方が楽しめる内容になっています。
また、4人同時のマルチプレイ対戦が出来るのですが、モンスターを強化して挑む対戦は白熱する事間違いナシです。
mobcastのゲームは好きな方なのですが、今作もやはり納得の面白さに仕上がっています。


家電育成型RPG「家電少女 」には魅力がたっぷり詰まってます

家電育成型RPG「家電少女 」をプレイしていて思ったのですが、このゲームっていろいろと魅力があって、それが合わさることによって神ゲーとなっている部分があるとおもうんですよ。
例えばキャラクターで言えば、主人公っぽい存在であるイチカってカメラがスカートになってるんですよ。おそらくこんなの初心者には絶対に思いつかない発想で、最初に見たときはとてもびっくりしたのが強烈に残っちゃってます。
さらに見た目だけでなくて、性格もかなり良い感じです。
カメラというのは結構重いということは誰でも知っていると思いますが、その重さのためにイチカは重量に悩んでいるんです。
これは家電でありながらも女の子であるということを忘れさせない大切な要素となっていると思います。
これがあるからこそ、このキャラは今の人気を保っていて、しかもかなりの高性能キャラとなっているんです。
他にも洗濯機を擬人化した、今やその人気はとどまることをしらないラムって言うのもいいキャラクターですね。
家電育成型RPG「家電少女 」にはいっぱい女の子が出てきますけど、このキャラはちょっと異彩を放っている感じがします。
というのも、他のキャラクターは基本的に元気いっぱいという感じなのですが、このキャラはちょっと根暗な感じがあるんですよ。
もちろんそこが可愛い所なので、この要素を失くすというわけにはいかないんですけどね。
仲良くなってしまえばかなりデレデレしてくれるタイプなので、まずは仲良くなってからしっかりと話を楽しんでいきましょう。
最後になりますが、家電育成型RPG「家電少女 」は声優の人たちもとても豪華で、どこかで見たことがある人がいっぱいですよ。
声優というのは少女たちに命を吹き込んでくれるといっても過言では無く、こういった人たちが協力してくれなければいまの家電育成型RPG「家電少女 」はありません。
これから始めようという人は、こういった要素をちょっとでも気にしておいてくれると嬉しいです。


BFB2015で楽しいサッカーライフを送ろう

私は子供の頃からサッカーが好きで、学校のクラブに所属していたのはもちろん、早い段階から発足後間もなかったJリーグのサポーターになり、今でも熱心に活動しています。そんな私が大好きなゲームはもちろんサッカーに関するものですが、今までは家庭用ゲーム機や携帯ゲーム機向けにリリースされるのが普通でしたね。仕事が忙しくなった今となっては、なかなか遊ぶ機会がありません。そんな時、スマートフォンで遊べるBFB2015というゲームを見付けたんです。
多くのスポーツゲームに必要とされる要素は、やはり選手を育成するシステムではないでしょうか。もちろん、BFB2015でも選手を育てることはできますし、シュート力などのステータスを鍛えたり、トレーニングを行うことでさらに技能を向上させたりもできます。顔や体格という外見を自分の思い通りに作ることだってできてしまいますし、有名人に似たキャラクターを作ってみるのも面白いかもしれませんね。
ゲームシステム自体とはあまり関係ないかもしれませんが、BFB2015の個性的な点としては、キャラクターの特徴ある外見が挙げられますね。というのも、最近の普通のゲームだと、3DのCGを駆使してまるで本物の人間のようにリアルな造型にしたり、逆に三頭身くらいにデフォルメしたりしますよね。このゲームはちょっと違って、顔はリアルなのに、頭だけ大きくて頭身はちょっと低めと、個性的な外見なんです。初めのうちは、はっきりいってちょっと違和感がありましたが、今ではこのグラフィックを見るのがちょっとクセになってしまっています。
選手を鍛えてチームを作ったら、いよいよBFB2015プレーヤーの本領発揮、監督としてチームを指揮しましょう。まるで本物の試合のように画面の中を選手達が走り回り、プレーヤーの指示に合わせてプレーしてくれます。現実と同じく、勝つのは簡単ではありませんが、シュートが決まった時の爽快感こそ、BFB2015最大の魅力ですね。練習モードやトーナメントモードなど、試合方法を選べるのもうれしいところです。


艦隊これくしょん -艦これ-で可愛い女の子たちとケッコン

艦隊これくしょん -艦これ-といえば、今最もアツいブラウザゲームですが、やはりその人気の秘訣は登場する女の子たちの可愛さが挙げられるでしょう。
登場する子たちは皆軍艦の擬人化で、実際に存在していた艦をモデルにしています。
そうなると元の艦の史実が気になってしまうのですが、中には壮絶な最期を遂げたものや、長いこと活躍した艦などそれぞれの歴史があります。
自分のお気に入りの艦が史実では酷い最期を遂げたりすると、ゲームの中のキャラが前向きで明るいほど無理して明るく振舞っているのではないかと感じてしまいます。

例えば駆逐艦舞風などは壮絶な最期を遂げました。
しかしゲームの中の舞風はとても明るい子で、そのギャップに目頭が熱くなるのです。

最後まで運の良さを発揮し、ミリオタの中では有名な駆逐艦雪風はとてもほんわかした幼い外見のキャラで、この子があんな活躍を……と、勝手に重ねてしまいます。

実際にゲーム内にも史実ネタも多く含み、戦艦陸奥などは謎の爆発で最期を遂げたわけですが、キャラクターの陸奥もその件に触れるような話をしています。
しかし聞きようによっては何故か怪しい印象を持ってしまうのは、「私の中で火遊びはやめて」というセリフのせいでしょうね。

そんな彼女たちですが、レベルキャップを開放する手段として「ケッコンカッコカリ」というものがあります。
多くの提督(プレイヤーのこと)たちは、最初の目標として最もお気に入りのキャラクターとケッコンをする事を目指しています。
レベル99までの道のりは低レベルの提督たちにはとても大変なのですが、提督レベルが上がるに連れ気が付くとレベルが99に上がる子が続出してしまいます。
この時、ケッコン相手を一人にするか、何人もの子たちとケッコン(重婚?)するか悩む人はとても多いです。

本命だけとケッコンする人もいれば、レベルが99になった子と全員ケッコンする人もいます。
中には何十人とケッコンという人たちも少なくはありません。
ケッコンするには課金が必要なので(一人目は無料)愛とお金で悩む人が多いようですね。

艦隊これくしょん -艦これ-は沢山の女の子がいるので、好きなキャラを一人に絞るのは大変でケッコンを何人もとしてしまう人の気持ちはプレイすればすぐにわかると思いますよ。


スマホ版も面白い!実況パワフルプロ野球

実況パワフルプロ野球シリーズは子供の頃から大好きなゲームで、好きな野球選手が実名で登場し、しかも能力も本物の選手そのままに評価され再現されている事などから非常に楽しめていました。
また、選手育成モードも非常に面白く、最高のステータスを目指して攻略本などを読みながら育成に励んでいた事を思い出します。
そんな実況パワフルプロ野球がスマホ版でリリースされると聞いた時は非常に楽しみになり、リリースの日を首を長くして待っていました。
野球ゲームの細かい動きをスマホでどのように操作するのか?今回の育成モードはどんな内容になっているのかなど、気になる点がたくさんありました。
もう1つ気になっていた点として、私はiPhoneを使っているのですが、AndroidだけでなくiOSにも対応しているかどうかという事でした。
リリース情報を確認するとiOS対応という事が書かれていたので安心しました。
いざリリースされ、早速ダウンロードしてプレイを開始してみたところ…これまでの実況パワフルプロ野球以上にハマってしまいました。
特に育成モード…今ではサクセスモードという名称になっているのですが、これが本当に面白いです。
今作では高校野球を舞台に選手を成長させ、甲子園での優勝を目指すという内容なのですが、従来のキャラクターも登場しつつ新キャラクターもたくさん用意されていて、時間を忘れて没頭してしまいました。
特に面白いのが、試合で育成選手を操作して良いプレイをして結果を残すと大きく成長出来るという、基本でありながら熱中させるシステムです。
気になっていた操作性も大変やりやすいものでした。一例を挙げると、打者としてボールを打つ時は画面をホールドしてマーカーを迫って来るボールに合わせ、タイミング良く指を放すという方法でした。
慣れるまでは当然難しくも感じますが、一度慣れると他のハードよりもやりやすいかもなんて思いました。
また、課金によって強いチームメイトを獲得出来るシステムも、多額の課金などしなくとも楽しめる内容でしたので安心でした。
まだまだ遊び続けますし、今後もこのシリーズには注目してます。


スーパーファミコン時代のファイナルファンタジーを彷彿させる

多くの人がプレイしたことがあるであろうあまりに有名なタイトル、ファイナルファンタジー。これのスマホゲームが出るとなってはやらないわけにはいかないでしょう。しかも昔からのファイナルファンタジーファンには堪らないサイドビューのバトルシステムです。ゲームをプレイしはじめて戦闘に入った瞬間の音楽にもうやられちゃいました。主にスーパーファミコン時代の作品をイメージさせるゲーム画面とシステムに思わずニヤリ。昔からプレイしてきたシステムが主になっているためにヘルプを見ずともサクサクプレイが進みます。しかし難易度自体はなかなか骨太で、ちょっと運が悪く同じキャラクターを狙われるとやられてしまうなどシビアなバランスも当時を思い出せます。これは狙ってやっているのかな?FINAL FANTASY Record Keeper – ファイナルファンタジーレコードキーパーはいわゆるソシャゲなのですがキャラクターの入手はイベントなどで入手でき武器がガチャで入手できる使用になっています。一番いいレアである星5では有名な武器があるのですがやはり中々手に入りません。
楽しみの一つとして大きいのがFF7以降ポリゴン化してみることのできなかったキャラクター達のドットバージョンが見られます。クラウドやセフィロスなどのサイドビューでのグラフィックは一見の価値ありです。人気のあるクラウドははじめのうちに星5レアでバスターソードがあり、こういったキャラクターの装備を手に入れると必殺技も一緒に使えるようになるので欲しくなります。いずれはやはり究極武神破斬を覚える武器が最上レアで登場するのでしょう。
キャラクターがどんどんアップデートされていきいずれは全てのファイナルファンタジー登場キャラクターが使用できるようになるのではないかと思います。本来味方になることのなかったセフィロスが手に入ったことからもこれからもちょっと外した驚きのキャラクターが登場することを期待しています。ジークフリードなんかありそうかな。